飯田橋文学会

飯田橋文学会に集う国内外を代表する著名な作家・文学者等と、 文学を愛するユーザを繋ぐコラボ企画。 読者同士の交流を通じて 文学の魅力の再発見も。

平野 啓一郎

Pic16 作家 1975年愛知県生。北九州市出身。京都大学法学部卒。1999年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。以後、数多くの作品を発表し、各国で翻訳紹介されている。著書は小説『葬送』、『滴り落ちる時計達の波紋』、『決壊』、『ドーン』、『かたちだけの愛』、エッセイ集『モノローグ』、対談集『ディアローグ』などがある。近著は、新書『私とは何か 「個人」から「分人」へ』、長篇小説『空白を満たしなさい』。